空気環境測定、依頼するならこの会社【東京都版】

Home > 空気環境測定とは > 適切な環境が保たれているかを調べる

適切な環境が保たれているかを調べる

 人が生活するには、一定の環境が必要とされています。環境のことがあまり考えられなかった時代は、狭いところに多くの人を詰め込んだりして業務を行うことがありました。するとその場の環境が悪くなり、業務の効率が悪くなったり、病人などが多く出る場合があります。
 業務を行うだけでなく、サービスを提供する場所でも同様です。もし適切な環境でなければ、そこで働く人だけでなく、サービスを利用しようとする人にも悪影響を与えてしまう場合があります。現在は、建物などではきちんと環境が保たれているかのチェックが必要になっています。
 空気環境測定業務とは、建物内の空気環境を調査します。建物内には窓であったり、排気、空調など空気環境に関する設備があります。正常に作動していれば、空気の環境は悪化しません。しかし、作動していなければ異常が発生します。異常な状態でないかどうか調べられます。


 では、調べるにあたっての基準などがあるかです。
 こちらは、厚生労働省によって決められています。浮遊している粉塵がどれくらいか、一酸化炭素の含有率がどうなっているか、二酸化炭素がどうなっているかなどが数字上で決められています。一定範囲内にあれば問題ないとされますし、基準を超えていれば以上になります。全ての建物で同じ基準が使われるので半句、換気の方法によって異なります。換気扇などを用いて空気の循環を促すことで空調をよくする場合もあれば、室内の空気を機械的に浄化してそれを室内に戻す方式もあります。それぞれで微妙に基準が異なります。
 また、測定する方法に関しても定められているので、業者はその方法を守らなくてはならず、正しい測定をする業者を選ばないといけません。


 業者を選ぶときは、技術力があるか、測定をする人の技術が高いかどうかを見る必要があります。業者は、空気環境測定以外にもいろいろな環境測定を行うところがあります。
 飲料水の調査なども行います。多くのサービスを行っていれば、それだけ技術力が必要で、必要な装置も用意しているはずです。信用もしやすくなります。機械があれば誰でも測定ができるわけではなく、それらの機械を正しく扱える技術者が必要になります。技術者を養成したり教育したり仕組みを持っているところの方がいいでしょう。価格が高ければよい調査をしてもらえるわけではなく、技術で見る必要があります。
 あまり安い設定をしているところだと、技術力などが不足していることもあるので、注意して選択しなければいけません。