空気環境測定、依頼するならこの会社【東京都版】

Home > 空気環境測定とは > 空気環境測定は建築衛生法の一つ

空気環境測定は建築衛生法の一つ

職場や学校で、検査員がなにやら器具を用いて何かを計測している様子を見かけたことはありませんか。
これは空気環境測定という物で、3000平米以上の床面積をもつ会社、公共施設や商業施設、或いは8000平米以上の床面積を持つ学校が行わなくてはならない測定です。
これは建築衛生法によって定められた検査で2ヶ月に1度測定を行う事が義務付けられています。
どのような事柄を測定するのか、といいますと、空気中に有害なものが飛散していないか、一酸化炭素や二酸化炭素の濃度はどうか、温度、湿度、風量は適切であるか、といった6項目について検査し、記録をとることになっています。
人々が安心して長時間その場にいられるように、空気環境測定は非常に大切な定期検査です。
普段は、検査員をみかけても、何をしてるのかな、と遠目で見ているだけであったかもしれませんが、是非次回からは、人々の為に空気環境測定を行っている、とご理解下さい。



ビルメンテナンスの一環で行う空気環境測定

空気環境測定の作業は、ビルメンテナンスの一環として展開される認識が強まっています。
オフィスや高層建築物などは、こまめに空調の状態が悪くなっていないのか調べることが重要視されています。
この専門的な測定方法は、空調の現状把握を行うと共に、ビルメンテナンスを円滑に展開していくことにも関わっているのではないかと考えられています。
そのため、空気環境測定の取り組みは以前に比べて大事であると捉えられるようになり、高層の建物などに検査が入っています。
実際に環境測定で得られたデータは集積され、空調の改善の必要がある場合は助言されています。
こうしたフォローまで行われていく空気環境測定は、それぞれのビルのメンテナンスにも作用するものとして考えられています。
一定期間ごとにチェックを進めることが求められるのではないでしょうか。



定期的に実施される空気環境測定

高い建物などに対しては、空気環境測定のチェック作業が一定期間ごとに入るとされています。
午前と午後の1回ずつ、空気中の成分や二酸化炭素比率を調べ、エアコンなどの空調の動きに問題や欠陥のないかを調べています。
数ヵ月に1度が環境測定の検査を行う頻度として挙げられていることから、年に複数回のチェックを受ける高層建物が目立っています。
高い建造物の管理会社やオーナーは、空気環境測定を必ず受けるという方針を敷いている場合が多く、検査に協力的な姿勢を示しています。
空調に問題がある可能性が検査で想定されるとみられた場合には、迅速にその状態を改善するための手立てを打つことにも繋がります。
そのため、空気環境測定は定期的にチェックを進めていくことが効果的であると考えられており、チェックの体制が更に強化されると見込まれています。

次の記事へ