空気環境測定、依頼するならこの会社【東京都版】

Home > 空気環境測定とは > 空気が汚れてる場所では空気環境測定の義務化

空気が汚れてる場所では空気環境測定の義務化

人々が生活してる環境では、空気中に様々なぶっしつが含まれてます。
学校など子供に影響がある所、地下室など空気の流れがない所などでは、空気が澱んで人体に悪影響が出てくることもあるので、空気環境測定が必要になってきます。
実際に検査をされないと、指導の対象になってしまうので、必ず検査をしてもらうことが重要となります。
場所によって空気環境測定を行う回数が変わってきますので、きちんと確認しておくことが必要となります。
多くの方に被害が出ないように、仕事などしてる施設などで窓がなければ、喚起が出来ないということになりますので、管理者はその点を考慮しなければならないです。
一般的には立ち会う必要はないのですが、セキュリティがしっかりしてる場所の測定では、社員など立ち会鵜ことが必要なこともあります。
空気環境測定はそこで働く方や勉強などされてる方などの安全を守るために、測定を行うことが義務付けられてます。



建物の安全性を見る空気環境測定

空気環境測定は、建物により義務化されています。
大型の施設はたいていこの空気環境測定をするよう指定がされています。
ショッピングモールや学校、ビルなどです。
建築物環境衛生管理基準に定められている事項をクリアしていれば、その建物は安全に使用できるということになります。
そのための測定ですが、これは資格を持っている人ではないとできません。
建築物環境衛生管理技術者です。
実際の測定は資格を取っていない人でもできますが、資格を持っている人の管理のもとする必要があります。
管理下にある専門業者であれば十分役割を果たせます。
検査の結果は保管しておきます。
5年間は保管する必要があり、もしその間に自治体から要求があったら直ちに見せられるようにします。
空気環境を保つには、建物そのものの換気設備だけではなく機械の換気機能も気にしておきましょう。



定期的な空気環境測定で快適なオフィス環境

空気環境測定という測定検査を見聞きした事がありますか。
これは3000平米以上のオフィスやデパートなど多くの人が出入りするような特定の建物において2ヶ月に1度、測定する事が義務付けられている測定検査です。
温度、湿気、風量、エアコンの利用状況や空気の汚れ具合、または埃など居住空間が長時間滞在するのに快適であるか、をしっかり測定し、一酸化ガスや炭酸ガスの濃度を測定して室内の環境の状態を記録し、問題があればただちに改善を行うという目的のもと行われています。
料金は概ね3万円以内で納まることが多いので、多くの人々が集うような環境の建物や場所についてはこの空気環境測定を指定された通り、定期的に行うことにより、建物の安全性の実証と確認ができるわけです。
よりよい環境で人々が過ごせるように、是非この空気環境測定をしっかり定期的に行うようにしましょう。

次の記事へ