空気環境測定、依頼するならこの会社【東京都版】

Home > 空気環境測定とは > 人体にはとても重要な空気環境測定

人体にはとても重要な空気環境測定

厚生労働省の建築物環境衛生管理基準に基づき、オフィスや店舗など、床面積が3000平方メートル以上ある場所では、2ヶ月に一度の空気環境測定が義務付けられています。
時々、測定員がなにやら機材を用いて測定している様子を見かける事もあるのではないでしょうか。
あれは何を測定しているか、というと、温度、湿度、空気の風量、一酸化炭素、二酸化炭素について測量しています。
これらは目にはみえないものですが、長時間同じ場所にいたりすれば、良好な状況でない場合、人体に有害な影響を及ぼす為に、空調調節設備を取り付けてある場所においては管理の徹底が取り決められています。
例えば温度ならば17度以上28度以下に、湿度ならば40%以上70%以下に保つ事が基準とされています。
万が一測定によって高いホルムアルデヒドや浮遊物量が多かったり、炭素量が多かった利した場合はただちに改善をするよう指導されます。
これにより私達の健康が守られるというわけです。
どこかでこの空気環境測定をみかけたら、その様な背景があることご承知置き下さい。



空気環境測定ができる機器を買って測定する

空気環境測定ができる機器は、セットで買い求めることができます。
ビル管理法に則った測定ができるセットであったり、建築物衛生法に基づいた測定器セットを通販でも買い求められます。
粉じんや二酸化炭素、風速や温度、湿度などが計測できます。
持ち歩きに便利な軽量設計のものなど、大型以外の機械もあり場所を取りません。
測定器をそのまま運べる専用の折りたたみワゴンも機械と一緒に購入できます。
ホルムアルデヒド単独の検知器や粉じんのみの測定ができるものなど、必要なもののみも買って測定が可能です。
用途は図書館や百貨店、博物館や美術館、旅館や会社の事務所などです。
空気環境測定をしなければいけないのはそのうちの延べ床面積3000m2以上ですが、学校は8000m2以上が該当します。
測定回数は2カ月に1回以上であり、1年を通して定期的にする必要があります。



空気環境測定ができる機器があります

空気環境測定の必要性が高まってきました。
一般の家電量販店に行けば空気清浄機や加湿器がたくさん売られています。
国内外のメーカーで製造・販売されている機種はたくさんあり、それだけ需要が高まっているということです。
空気を清浄することだけではなく、その環境測定もしっかり行うことも求められているということです。
たとえば製造現場、屋外の建設現場、工事現場などは粉塵などの不純物が空気に混じっていて、劣悪な環境になっていることがあります。
人間の健康はその場の空気にとても影響を受けます。
空気を清浄化すること以前に、人間の健康を害する空気を含んでいる場から離れること、またその劣悪な空気をいち早く察知して対処をすることが必要ということです。
空気環境測定器は業務上で利用されることが多いというイメージがありますが、一般のご家庭でも利用されているところも増えています。

次の記事へ