空気環境測定、依頼するならこの会社【東京都版】

Home > 空気環境測定とは > ビルで行われる空気環境測定とは

ビルで行われる空気環境測定とは

 特に働いている人達の環境をチェックする目的として、空気環境測定が行われることが増えています。一定の環境を整えるために換気を定期的に行ったり、空気清浄機を導入するなどの対策を行うためにはまず環境を測定することが大切になるからです。空気が悪くなっている場合には、対策を練ることになります。特に大型のビルなどでは空気がこもりやすくなっているので、定期的に空気環境測定を行う必要があります。適切な環境で働けるように、基本的な環境をしっかりチェックしておきましょう。
 もちろん結果は報告されますので、数値によってどのような対策を取るべきか話し合うことになります。数ヶ月に一度行われることが基本となっており、良い環境で仕事をするためにも必要な測定として知られています。もちろん対策を行えば空気は綺麗になっていくので安心です。


 空気環境測定はどんな時に必要なのか

 店舗や事務所、ショッピング施設などが入った延床面積が3000平方メートル以上ある建物や延床面積が8000平方メートル以上ある学校は、不特定多数の人が利用する大規模施設であるため特定建築物として指定されます。そして、多くの人々が使用する施設であるために安全かつ衛生的に管理されていなければいけません。
 ビル衛生管理法という法律によって管理方法が決められていて、不特定多数の人々が安全で快適に利用できるように挙げられているのが空気と水と衛生です。少しでもおかしな点があれば、人は健康被害に遭うだけではなく生命の危機にも直面する可能性があるからです。大規模施設は空気の入れ替えのために開閉ができる窓がほとんどない建物が多いです。特に高層階や地下フロアは窓が開けられる場所ではないので、必然的に空調設備を使って空気を循環させたり温度管理をしなければなりません。しかし、空調設備の調子が悪くなれば、汚れた空気が循環するようになったり、適温を保てなくなってしまいます。状況を未然に防ぐために空気環境測定を行うことが大切です。


 空気環境測定を行うべき理由とは

 特定建築物と言いますのは、3000平方メートルをオーバーする面積を所有している店、あるいはオフィス、遊戯のための施設などの目的で使われる建物ということを意味します。加えて、8000平方メートルをオーバーする学校に関しても特定建築物に規定されています。国内至る所にあるスケールの大きい事務所やデパートといった商業施設は、多くの場合特定建築物に規定されています。
 以上のような特定建築物のほとんどの場合、開閉することができる窓が無いといえます。天窓より陽光そのものが射し当たるデザイン性のビルは見受けられますが、一般的に言うと空調によって空気を循環させ、温度コントロールをしています。その結果、空調設備が不潔になっていたりコンディションが悪かったりすると建造物中の空気が不潔になったまま循環すことになります。それに加えて、冷暖房の設定している温度が高かったり低すぎたりしても、具合が悪くなります。それ故、一定間隔で空気環境測定を実施して、人間が生活するのに心配のない空気かをチェックすることが重要になります。

次の記事へ